Top > 福島県病院 > 郡山市病院 > 小池消化器科・内科クリニック

あなたのご希望にピッタリマッチする求人が見つかります。

介護士さんの求人を探すなら、医療・介護業界では最大級規模の求人数を誇る人材紹介会社をおすすめします。

求人企業名を非公開としている「非公開求人」が大量にありますので、気になる求人があれば、お気軽にお問い合わも可能です!

カイゴジョブ申込み

小池消化器科・内科クリニックの概要

名称 小池消化器科・内科クリニック
郵便番号 963-8051
住所 福島県郡山市富久山町八山田字追越12-1
連絡先 024-991-4855
MAP ◆位置情報

無料相談はコチラ

カイゴジョブ申込み

※転職したいけど、不安でなかなか踏み出せない、そんな方のお力になってくれます!

「しばらくブランクがあるけど大丈夫かな?」

「経験が浅くて不安」

「新しい職場での人間関係が不安」

など、やはり転職には不安や心配事がつきものです。

そんな求職者様の不安を解消し、気軽になんでも相談出来るサポートをご利用下さい。

転職支援サービスを使えば理想の転職が現実に!

    ◆介護のお仕事は慢性的な人手不足で、売り手市場です!
    ◆以下にあてはまるなら、転職支援サービスを利用してみませんか?

  • 今のお給料より少しでも高いところに転職したい。
  • 残業が少なくてプライベートな時間も確保できると嬉しい。
  • もっと休みが欲しい。休日日数のしっかりある会社がいい。
  • 研修制度の充実した施設に転職したい。
  • 介護士としてもっとキャリアアップしたい。
  • 資格やスキルを十分に評価してくれる職場に転職したい。
  • 将来も長く働ける安定した会社に転職したい。
  • 夜勤手当など手当の充実した会社に転職したい。
  • 人間関係の良好な職場で働きたい。
  • 通勤時間の短い職場に転職したい。
  • 車通勤OKの職場がいい。
  • 自宅に近いエリアで働きたい。
  • 託児所つきの職場で安心して働きたい。
  • 新規オープンの施設でオープニングスタッフとして働きたい。
  • これまでの経験を介護の仕事に活かしたい。
  • ・・・などなど。

    【対象】・特養(介護老人福祉施設/特別養護老人ホーム)・老健(介護老人保健施設)・グループホーム(認知症対応型共同生活介護事業所)・ケアハウス(介護利用型軽費老人ホーム)・ケアホーム(障がい者共同生活介護事業所)・有料老人ホーム(介護付き有料老人ホーム)・サービス付き住宅(サービス付き高齢者向け住宅)・訪問/ホームヘルプ(訪問介護サービス)・ショート/SS(ショートステイ/短期入所生活介護)・デイ/通所(デイサービス/通所介護事業所)・地域密着型サービス/小規模(小規模多機能型居宅介護)・訪問入浴/巡回入浴(訪問サービス) など

    ※介護職・ヘルパー、ケアマネージャー、生活相談員、サービス提供責任者、管理職、機能訓練指導員、看護師、送迎ドライバー、介護事務、医療事務、管理栄養士、家事代行スタッフなどの職種の求人募集があります。

介護の転職・就職を全力でサポートします。

一緒に、面接で話す内容を整理しましょう

【1】再就職にあたって、譲れないことは何でしょうか。(希望・条件)

  • 福利厚生がしっかりしているところがいい。
  • ご主人の扶養内でお仕事したい。
  • 子供が小さいので5時までがいい。
  • 保育園や家から近い方がいい。
など様々だと思います。

【2】次に、介護施設で働く意欲は何でしょうか。(動機・目標・提供できるもの)

  • 研修が充実していて、知識をたくさん学べること。
  • 現場の雰囲気がアットホームでぎすぎすしていないこと。
  • 施設長の介護に対する考え方に共感できること。
  • これからますます必要となる介護について学んで、将来は自分の施設を作りたい。
  • おじいちゃん、おばあちゃんが今まで生きてきた経験にふれて、これからの人生を楽しくするためのサポートがしたい。
  • お給料がいいこと。
  • 経験が積んで、資格が取れるようになりたい。

希望条件・意欲を叶えるパート求人、必ず見つかります。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?