Top > 福島県病院 > 郡山市病院 > てちがわら内科

あなたのご希望にピッタリマッチする求人が見つかります。

介護士さんの求人を探すなら、医療・介護業界では最大級規模の求人数を誇る人材紹介会社をおすすめします。

求人企業名を非公開としている「非公開求人」が大量にありますので、気になる求人があれば、お気軽にお問い合わも可能です!

カイゴジョブ申込み

てちがわら内科の概要

名称 てちがわら内科
郵便番号 963-8034
住所 福島県郡山市島1丁目17-3
連絡先 024-991-1177
MAP ◆位置情報

無料相談はコチラ

カイゴジョブ申込み

※転職したいけど、不安でなかなか踏み出せない、そんな方のお力になってくれます!

「しばらくブランクがあるけど大丈夫かな?」

「経験が浅くて不安」

「新しい職場での人間関係が不安」

など、やはり転職には不安や心配事がつきものです。

そんな求職者様の不安を解消し、気軽になんでも相談出来るサポートをご利用下さい。

介護職へ転職・就職を考えたら

介護職へ転職・就職しようとお考えのあなた・・
保有資格を最大限にいかせる介護施設はどこでしょう

◇ヘルパー
◇ケアマネジャー
◇サービス提供責任者
◇生活相談員
◇介護事務
◇機能訓練指導員(PT/OTなど)
◇管理栄養士
◇送迎ドライバー
◇介護福祉士
◇実務者研修
◇社会福祉主事任用
◇児童発達支援管理責任者
◇資格を保有していない

無資格でも安心してください。大丈夫です。

介護の資格をお持ちの方は、その資格を最大限に活かせる介護施設で働きたいですよね。

その希望を満たす求人情報を提供してくれるのは、転職支援サイトです。

介護業界の転職を専門としたエージェントに、資格や経験、あるいは、資格がないこと・未経験であることを詳しく話すことで、あたなにぴったりの求人情報を提供してくもらうことができます。

希望する働き方は?

◇正社員
◇契約社員
◇派遣
◇パート・アルバイト
◇どうしようか迷っている

安心してください。迷っていることを気軽に相談してください。

☆今までは正社員だったけど、子供がまだ小さいうちはパート・アルバイトで働きたい。
☆今は派遣で働いているけど、正社員で採用してくれる介護施設を探している
☆自分のベストな働き方が分からない。どんな働き方ができるのか、教えてほしい。

転職や就職を後悔したくないので、悩んでしまいますよね。

そんな時は、介護業界の転職に詳しい専門家に相談するのが一番安心できます。

今お持ちの悩み、相談を全て打ち明けて、納得してから就職・転職活動した方が後悔がありません。

せっかくの転職・就職です。
10年・20年先を見据えて、あなたのキャリアアップを叶える転職・就職にしましょう。

無資格未経験でもハードルが低い職場は?

無資格未経験でも受け入れてもらいやすい職場もある!

無資格未経験OK!初心者歓迎!受け入れてもらいやすい職場であれば、「デイサービス」や「グループホーム」がおすすめです。

※デイサービス(通所介護)は昼間に日帰りで受けられる介護サービスのことです。
※グループホームは5~9人のユニット単位で互いに役割を分担しながら、生活をします。比較的軽度の認知症高齢者が利用しています。

デイサービス(デイケア)では基本的に夜勤がありません。
認知症の利用者も受入れがあるので、そういったところでは大変ではありますが、寝たきりの人への対応がないため身体的介護が少なく体力的な負担は少ないです。
また、残業もほとんどないという職場が多いです。

施設というより「家」のような感覚なので利用者にとっても介護士にとっても自宅にいるような感覚で過ごせます。

ただ、レクリエーション等で人前で1人で明るく話さないといけない場面があります。
やっているうちに慣れてくる人がほとんどですが、あがり症の方には少し大変かもしれません。

グループホームは夜勤こそありますが、認知症も軽度ですしグループ単位で過ごすため利用者の把握がしやすく密接な介護ができます。

ただ、施設によっては仕事がきつい、介護職員もグループになって動くために人間関係に悩む人も多いようです。

事前に雰囲気を見学したり、介護専門求人サイトを利用して就業後もサポートしてもらうような体制をとっておくと安心でしょう。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?